となりのトトロの反響について

ジブリ映画を代表する作品といえばとなりのトトロです。摩訶不思議な生き物として伝説的に語り継がれるトトロと、サツキとメイの姉妹がある出来事を通して様々な体験をします。子供をターゲットにした作品ですが、強いメッセージ性が込められています。サツキとメイ姉妹は、体調を崩していた母親の療養地へと父親とともに引越しをします。引越し先は山奥の田舎であり、都会で生活していた姉妹にとっては生活がガラリと変化しました。けれども山奥の田舎暮らしは母親が家に居ない姉妹にとって、とても刺激的で楽しい毎日でした。近くに住むおばあさんやサツキの同級生との触れ合いを通して、田舎の良さを体感していきます。姉妹が住む家は長年放置されていましたが、家には古い屋敷に住みつくという、すすわたりがいます。お茶目で可愛いすすわたりは、姉妹にとっても興味深い対象となりました。そしてついに姉妹はある晩、伝説の生き物トトロと出会います。不思議な力を持つトトロですが、人と触れ合うのは珍しく会えるのは貴重とされていました。けれどもトトロは姉妹のピンチを救います。母親が急病だと知ったメイは一人で病院を目指してしまいます。靴が落ちていた事から川に落ちたと勘違いした皆は必死で捜索します。その頃メイはどこまで続くのか分からない道で迷子になっていました。トトロはネコバスに頼んでサツキとメイを一緒に病院へと運ぶよう手配してくれます。となりのトトロは公開当初は興行収入も伸びませんでしたが、少しずつ伸びていき次第に反響が大きくなります。現在では外国人にも人気でファンは確実に増えています。

Copyright(c) 2016   ジブリと言えば『となりのトトロ』   All Rights Reserved.