となりのトトロの登場人物について

ジブリ映画の一番有名な作品と言えば「となりのトトロ」です。三鷹にあるジブリスタジオの入り口にも巨大トトロが待ち構えていてまさにジブリを代表する作品です。そんな「となりのトトロ」を観たことがない人のためにこの作品の登場人物を説明していきたいと思います。まず主人公は「さつき」と「めい」という女の子の姉妹です。さつきはしっかり者で男の子のように活発で元気な女の子です。めいは妹で姉のさつきにくっついてまわる弱虫なところもあればたまに頑固で自由奔放なかわいさもある女の子です。2人の両親は父が研究者で穏やかな性格、母も同じく優しい人で作品では病気で七国山病院に入院しています。また、一家が引っ越してきた田舎のボロ一軒家のお隣に住むのが「かん太」と「おばぁちゃん」です。かん太はやんちゃでイタズラ好きなキャラクターですがいざという時は優しく男らしい性格です。おばぁちゃんは入院中のお母さん不在の一家に何かとお手伝いしてくれる優しい人でさつきとめいを畑に誘って一緒に野菜を食べたり、オニギリの差し入れをしたりと田舎のおばぁちゃんの理想形のような人物です。それから忘れてはいけないのが「トトロ」です。森の主でチビトトロたちとひっそりクスの木の下で暮らしています。夜になるとオカリナを木の上で吹いたり、めいとさつきと遊んでくれたり、助けてくれたりと不思議な生き物なのに可愛くて親近感が湧くキャラクターです。トトロが乗る「猫バス」は羽毛布団のようにフカフカで人間には見えない不思議な乗り物です。

頼りになるお姉ちゃん

となりのトトロは1988年4月16日に公開されたスタジオジブリ映画で、上映時間は88分です。昭和30年代前半の日本の田舎を舞台にしていて、主人公は草壁サツキ(CV 日高のり...  続きはここから ⇒

森の妖精?トトロという存在

ジブリ映画「となりのトトロ」に出てくるトトロとは、太古の昔より千年以上も生きている生き物であり、塚森の主です。塚森にある大きなクスノキの樹洞をねぐらとしています...  続きはここから ⇒

誰もが乗ってみたいネコバス

ジブリ映画「となりのトトロ」には、ネコバスという、猫とバスが合体した生き物が登場します。困った時にいつも登場してくれ、困っている人を行きたい場所まで乗せて行っ...  続きはここから ⇒

Copyright(c) 2016   ジブリと言えば『となりのトトロ』   All Rights Reserved.